校正で間違ってはいけないことは?①会社名と形態

校閲のお仕事でもっとも間違ってはいけない項目の一つが企業名。

もちろん個人名も数値もすべて大切な要素なのですが、今日は会社の看板である企業名についてのこぼれ話です。

会社名が入る文章には、「株式会社」「合同会社」など形態の掲載の有無、入れる場合には㈱などの略号を使うのかどうかなど、その媒体により統一表記の決まりを設けていたりします。単発の記事やチラシの場合など決まりがない場合も、一つの文章の中で統一されていなければカッコ悪いものです。

会社名には経営者の方の思いが詰まっているもの。「・」で区切るか全角スペース、半角スペースか。大文字か小文字か。毎日のようにニュースで話題のアマゾンはロゴは「amazon」ですが、公式サイトには「Amazon」「amazon.co.jp」「アマゾンジャパン」など複数の表記があり、法人についての話か、サービスについての話かにより表記が分かれる場合もあります。

外資系企業の場合、ホームページに日本語表記が掲載されていない場合もあで、その場合は英字表記とすることもあります。また、最近増えてきたGoogleやAppleなどの会社形態は「合同会社」で、略は(合)ではなく(同)であること、ご存知でしたでしょうか。

一般財団法人、一般社団法人、公益財団法人、公益社団法人の略はそれぞれ(一財)、(一社)、(公財)、(公社)。NPO法人は特定非営利活動法人なので(特非)になります。

20年前の電車の中には、雑誌やフリーペーパー、文庫本をめくる人がたくさんいましたが、今では8割がたスマホのスクロールやゲームに忙しいといったところ。読書をする人は減ったかもしれませんが、日々文字に目を通す人は増えている可能性があります。

ウェブで大量の記事が毎日アップされる今日、簡単な漢字の誤記や助詞の抜けを目にすることも多くなりました。

昔中学受験勉強で「完璧」の「ぺき」の感じの下側は王ではなく玉と教わりました。また「専門は点口なし」と覚えなさいと、「専」の字の右上に点がつかないこと、「門」は「問」ではないことを覚えるのが大切でした。スマホやPCでの変換が日常となった今、間違えやすいところは別の個所にあります。「形態」と打ちたかったのに、「携帯」になってしまったり。手書きではあり得ない同音異義語に要注意です。次回は誤変換をテーマにお届けいたします。

校閲とは? 校正とは??

ウェブサイトや印刷物のチェックについて、「校閲」と「校正」の違いを疑問に思われたことはありませんか?

分厚い辞書の代表格、『大辞林』第二版(三省堂、1995年)をめくると…

【校閲】こうえつ:印刷物や原稿を読み、内容の誤りを正し、不正な点を補ったりすること

【校正】こうせい:①くらべ合わせて、文字の誤りを正すこと。きょうせい。②校正刷りと原稿とを照合するなどして文字や内容の誤りを正し、体裁を整えること。版下や原画との照合についてもいう。

「校閲」が全体的で広範囲なチェック、「校正」が比較に重点を置いたものである印象です。

実際に私たち現場でも、「校閲」は誤字脱字はもちろん、事実関係のチェック(ファクトチェック)や内容・レイアウトに関しての提案、分かりやすい文章表現の推敲などを含むということを意識しています。

「校正」はシンプルに原稿との照合と誤りを正す仕事です。

実際にご依頼いただく際は、おもに「内容に関するファクトチェックを含むか」が大切な確認事項です。人名や地名など、文章に含まれる情報を、ご提供いただく資料の枠を超えて確認する場合、「ファクトチェックを含む校正」と表現することもあります。

2016年に日テレで『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(石原さとみさん&菅田将暉主演)というドラマが放送されていました。編集業界以外の方は、そこで使われる校正記号や用語に驚かれる方もいたのではと思います。

ドラマでも出版社の中で最も「地味」な部門として描かれる校閲部門ですが、実際は週刊誌などスピードが問われる現場などでは、ダッシュで走り抜ける攻めの仕事が求められたりします。

このサイトでは、そんな校閲&校正、本やウェブサイトなどを作る編集の仕事について、次回もご紹介していきたいと思います。